「菅のトリビア70」「菅の魅力・未来70」「菅の風景70」の3つのテーマで、70周年記念誌の掲載情報(参加)を募集しています。参加ご希望の方は、このページの各応募フォームより入力し、ご参加ください。

菅のトリビア70
(あまり知られていない「へぇ~」情報)

菅の町のを形作っている自然・施設・風習・伝統文化などには、あまり知られていない、びっくりするようなエピソードが隠されています。あなたがお住まいの地域ならではの「不思議情報」をご存じの方は、ぜひお知らせください。70周年記念誌編集委員会が調査検討し、菅の隠れた名所・雑学を紹介する「70のトリビア」として認定し、70周年記念誌で発表させていただきます。(締め切り 2022年9月30日)

例)
織田信長も信仰したという「第六天」の祠が菅野戸呂の水道みち脇にまつられている。

菅のトリビア70の応募フォームはこちら


    菅の魅力・未来70
    (まちの魅力と未来に向けたメッセージ)

    みんなに歌えたい菅の好きなところ、菅の思い出、未来の菅のまちへ・・・、などの「一言メッセージ」でご参加ください。
    「菅町会への要望や応援」
    「菅で自分がしたいこと」
    「将来の自分への決意表明」
    「菅にあったらいいと思うもの」
    「菅がこんな町になるといいな」
    などをお寄せください。採用者には後日、伺って撮影するあなたの笑顔と写真とメッセージを重ねて掲載します。ご家族や仲間、友達と一緒の写真もOK。メッセージは20文字以内でお考え下さい。(締め切り 2022年9月30日)

    例)
    みんなのパワーで災害に強い「菅の町」に

    菅の魅力・未来70の応募フォームはこちら


      菅の風景70
      (未来に残したい菅の景観)

      豊かな自然、歴史ある祭りなど魅力的な菅の風景・景観写真を募集します。四季折々の自然、伝統芸能や風俗、自社の佇まい、まだあまり知られていない菅のスポット、新たに発見したシーンなど菅の魅力が多くの人に伝わる作品70点を、記念誌編集委員会が選定し、掲載します。近年1~2年以内に菅地区で撮影したことがわかる作品(行事などコロナ禍で実施されないものはそれ以前の作品でも可)で未発表の作品に限ります。※プリントまたはデータでご応募ください。(締め切り 2022年11月30日)

      菅の風景70の応募フォームはこちら