菅仙谷4 アグリパーク【25】

アグリパークの愛称で親しまれている「川崎市農業技術支援センター」は、地元の農業 への指導や支援を行う施設です。もともと果樹の試験栽培で使われていた施設「川崎市フルーツパーク」が組織変更され生まれ変わったもの。川崎市の代表的な果実 のナシをはじめ、ウメ、カキ、ミカン、ブドウや、野菜のノラボウ菜などが栽培さ れています。
令和元年に川崎市により品種登録された「新ノラボウ菜」もここで栽培・開発されました。(スケッチにある噴水広場、温室は今はなく、小学校の農業体験などに使われています)