菅城下3 清水川【19】

稲城の大丸村 「一の山下」で多摩川より取水された大丸用水は、分量樋(ぶんりょうひ)で大堀と菅堀に分かれます。大堀は大丸村の南部を流れ長沼村、矢野口村を通り菅村に入り、城下の田を潤したのち三沢川に合流します。途中で湧き水の混じる堀と合流するので「清水川」と呼ばれました。現在では菅中学校の下を暗渠(あんきょ)で通過し、学校を過ぎた所から昔の面影を残す流れが見られます。